2010年05月02日

神秘とは?

木は神聖なものだと感じられる。
木と話し、木に耳を傾けることを知るものは真理を探究する者です。
木は教養も処分も説かないし、木は個々のことにとらわれず、生の根本法則を説いているようです。
木々達に降り注ぐ恵みの雨は、生の息吹を愛に換え和多志に示唆しているように思えた…朝の神秘に胸を打たれる。

今日の基礎知識は「神秘」です。神秘とは、人間がその知識や能力をもってしても全容を把握する(=知る)ことができない事物のことで、神や、「究極の真実」「霊的世界」などがこれに含まれるのです。
日本語では神が秘めたること(もの)という意味です。
日本文明圏においては神とはもともと先祖(かみ=上;時間的な先人)という意味から発し、それが秘め(隠し)たことという語意となります。
隠す場合、(多神教的)社会システムの変化、王朝とその宗教神話の変化、王権と政治的権威の変容、イデオロギーや思想の革命的断絶に伴い、その前の世代の発言を歴史的に抹殺しようとする価値変革を伴う歴史の力にあがなっても貴重であると思われる一種の価値です。あるいは現代思想を突き破る古層性を秘めた価値のことです。
人間は、一般的な事物について、それを言葉などで表現して伝えることができる。
だが、神秘は、人間が把握している既存の事物との関連で表現することができないのです。
すなわち、神秘は三次元的な科学的経験、あるいは法則として知覚することはできず、霊的世界などを直接体験したり、間接的に認識することによってのみ、知ることができるのです。
という見方もありますが、三次元的な空間に歴史という時間軸を入れた四次元的なものの見方の特に情熱的な形態をとった見方です。
例えば、光を見たことのない盲人に、光を見るのがどんな感じなのかを伝えることは難しいのです。
光を見るという体験を、その他の感覚、聴覚や触覚、味覚、嗅覚で説明することはできないのです。
神秘とは、そのようなものだといわれる。
それをマトモに付き合う必要はないが重要なのはそういう思想的考古学により一種の哲学が宿る情況が現れます。
そういった意味でニーチェなどもギリシャ悲劇を原点に重要な現代の弱点を指摘し続けているのです。
また、体験することも知ることもできない神秘が、最終的に残るとする考え方もあります。

神秘主義(しんぴしゅぎ)とは、人智の及ばない事物(神秘)が存在するとする考え方なのです。英語の mysticism の訳語にあたるが、mysticism は、この立場での神学や哲学を指すこともあり、この場合は神秘主義思想、あるいは神秘思想と訳されます。神秘主義思想には、神秘を体験するための技法や体系などを含むが、合理的、科学的な手法を批判的に捉える傾向があります。
ですが、自然科学で得られた知見を体系に取り入れることも、また多いのです。

神秘を直接知るための技法や、神秘の周辺にある知識の体系は、多くの場合、呪術的世界観や、あるいは過去の宗教の一部となって知られています。
例えば、仏典によれば、仏教において「悟り」を直接体験によって得た神秘家もいたと解釈できるのです。あるいはキリスト教においては、「神との合一」や「キリスト体験」などを直接体験した聖者もいたと言います。
また、「自分は何なのか?」という哲学的問いに、神秘体験によって答えを得た者もいるとされているのです。
このように、宗教は神秘と結びついているため、神秘を直接知った人物(神秘家)によって宗教が興されることもあります。
また、神秘家によって与えられた技法や体系から宗教が作られることもあります。
神秘は協力者なしでも知ることができますが、神秘家の協力があるとより容易になるといわれています。
但し、他者が協力できるのは、あくまでその準備だけであり、準備が整った後は、神秘を知る機会が偶然に訪れるのを待つしかないともいわれています。
神秘を知るのは、その準備が役立ったことによる場合が多いのですが、準備なく偶然に機会が訪れ、神秘を知るに至った人々もあるのです。
人間の知恵では計り知れない不思議な事として捉えていたのです。
普通の認識や理論を超えた事として捉えていたのです。神秘とは、人間の知識が最高であるという、愚かさが創り出した言葉であると言ってもいいでしょう。
普遍的な法則を個的な解釈で誤認識した結果、「神格化」したのが人類なのです。
自分の思考のベースを何処に置くかが重要なポイントなのです。
宇宙構造に概念中心を置くことで、アイデアや潜在意識の能力も出力しやすくなるのです。一番の神秘性を挙げるなら、あなたがこの宇宙に存在していることではないでしょうか。
そして、潜在意識によって心臓や脳が動かされている事こそ、神秘の極みなのです。そして、和多志達は出会えた…何と素敵なロマンだとは思いませんか…
そのロマンを一緒に育てる意識を持ち続ける事が「愛」なのです。ロマンに満ちて、愛で思考しているあなたは、本当に素敵です。
posted by Ryo1151 at 10:05| Comment(15) | 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月30日

共鳴(きょうめい)

共鳴(きょうめい)とは、物理的な系がある特定の周期で働きかけを受けた場合に、その系がある特徴的な振る舞いを見せる現象を言います。
特定の周期は対象とする系ごとに異なり、その逆数を固有振動数と呼びます。
物理現象としての共鳴・共振は主にResonanceの訳語であり物理学では共鳴、電気を始め工学的分野では共振ということが多いのです。
共鳴が知られることになった始原は音を伴う振動現象であると言われるが現在では、理論式の上で等価・類似の現象も広く共鳴と呼ばれています。
(バネの振動・電気回路・核磁気共鳴 etc.)
[1]きわめて通俗的な説明としては、ある物体Aの振動エネルギーが、別の物体Bに移る現象だとしてもよいのです。
A(振動)→B 、 A→(振動)Bしかし、A・Bが電波とアンテナのような場合必ずしもAは物体でなくともよく、自己共鳴的な現象では必ずしもAの存在は必要とされません。
また、核磁気共鳴のような場合は摂動磁場の振動に対する磁性の変化として現象が現れるため振動やエネルギーの移動があるわけではないのです。
共鳴が起きた場合、理論式の上では系を特徴付ける物理量が0や無限大になる場合が多いのです。また、外部からの振動が与え続けられる場合、振動を受ける側に破壊的現象が起こる場合があります。
あらゆる物体には固有振動数(その物体にとって振動し易い振動数)があります。
外部から振動が与えられるとき、与えられる振動が固有振動数に近づくにつれ物体の振幅が急激に増大します。この現象を「共鳴」または「共振」と言います。
遊具の「ブランコ」の、動きの調子に合わせて力を加えると次第に揺れが大きくなる様子が参考になります。楽器や発声にあっては、発音体(発音物質、弦やリードなど)の振動がより大きな物体(筐体、共鳴腔)に伝わり共鳴することで、より人間が聞きやすい音に変化します。
すなわち、発音体単独の時よりも、聴覚上大きな音が得られます。これは音色の変化でもあるのです。楽器によっては共鳴によって安定した音高を得ているのです。
量子力学的な人間における共鳴とは、「その個人が持っている、オファーデータの質的同一周波数」という事になります。
最も分かりやすい「共鳴関係」は、出会いの強度分布による「出会いの関わり」なのです。出会いまでは、潜在意識が引き寄せますが、その出会いをどの方向へ進ませるかは、その人の持っている概念に表れるのです。宇宙創造意思が導いた「この出会い」を素晴らしい目的の概念によって、生命が最も歓喜する情報を寄与出来るような意識を持ち続けたいモノです。

河や海が数知れぬ渓流のそそぐところとなるのは、身を低きに置くからです。
それ故に、河や海はもろもろの渓流に君臨(くんりん)することができるのです。
同様に、賢者は、人の上に立たんと欲すれば、人の下に身を置き、人の前に立たんと欲すれば、人の後ろに身を置くのです。
かくして、賢者は人の上に立てども、人はその重みを感じることなく、人の前に立てども、人の心は傷つくことがないのです。朝の老子の言葉です。
大いなる存在との誓願を果たすべく、宇宙と共鳴した一日を…
posted by Ryo1151 at 18:56| Comment(0) | 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

知らないということについて

知らないということについて。なにか良いことがあって人は喜びます。辛いことがあって人は落ち込みます。ひとりでいて淋しいかも知れません。しかしその例えば感情、それを人は何であるか知りません。ほんとうにそれは何でしょう。

そんなことを言ったら人が知っているものはないじゃないかと人は言うかもしれませんが、そうなのです。ビールを飲んで旨いという、そのことさえ何のことかわからないのです。それなのに人はそれに捕らわれたり、人は人を嫌ったり好きになったりします。自分の知らないものに依存しているのです。

あるいは知らないのにそれから逃れようとします。ひとりでいて淋しいから友達と一緒にいようとかします。いったいなんでしょうか。それは淋しさというものが解決されたということではないのに。

人は地位や名誉や金を求めるかも知れません。けれどそれがなんであるか人は知らないのです。ところである人は人に調子を合わせようとする人でした。それは自己保存を基にしていました。ある人は人を計る人でした。それも自己保存を基にしていました。そういうものです。

どっちにせよ、人に調子を合わせるということにせよ、人を計ることにせよ、自己保存にせよ、人は知らないのです。それなのにそれに依存します。そしてその自己保存の自己とはこの世界での生活、身体のことであることがおおいいのです。(あるいは人が自己保存に捕らわれるのは、人が自己保存を実現してないということです)。

しかも人はそれを知らず、それらは人から隠れているのです。人は人の知らないものに過剰に捕らわれるいわれはありません、なのにとらわれるとするなら、そこに意味があります。その人がまだ自己ではないということです。

あるいはまたそのことを無視するなら同じこと、その人が自己ではないということです。人はいいます。あなたを、お前を、愛している、言います。けれど人はそのことを知らないことがおおいいのです。取り敢えず、それは夢ですから。

わたしにしてもこの世界とは何だろう、考えます。これやっぱり自己保存です。人は地位や名誉や金を求めます。これ、やっぱり自己保存です。執着ともいいます。自己に執着するから、そのようなものを求めるのです。

けれど、それは本当の、本当に自己を求めているのではありません。却って逆の方向にあります。まだ人は自己では在りませんから、取り敢えず外に求めるということで自己を求めようとするのですが、実際は、自己を求めようとしているのです。

けれどそのことを忘れがちなのでしょう。人が執着する時には対象にではなく、執着していることに執着するということは正しいのではないでしょうか。さて、人はそのどれも知りません。それなのに過剰に捕らわれるのは、あるいは過少に捕らわれるのは、人がまだ自己ではないということではないでしょうか。

さて、例えばこの世界のどんなものも人の所有ではありません。だからといって人のものを盗んだら、これやっぱり悪いことです。このことは一体なんでしょう。わたしには理由がなく悪いことは悪いというように見えますが。これはまず前提、どんなものも人の所有ではないということが間違っているのでしょうか。

このまえ話した自由のように。あるいはもっと単純に、人の所有でもないものを盗むということは、自分の所有にするということなので、それが誤りであるということかも知れません。あるいは所有とか権利とか、そんな関係の中にはいることが悪いのかもしれません。盗んではいけないということは、神がモーゼに伝えた十戒、そのなかの一つです。

なにか人のものでも欲しいということは人にあるでしょう。そのことは何故あるのか、悪はなぜあるのか、これは何故なんだろうと人は思うこともあるでしょう。それは、人はこの世界に所有などないということを教えることでしょうか。どうでしょうか。

しかし人が物を所有すること、これも大切というか、どうしょうもない人の本能みたいな感じもします。神は特に所有を否定してはいないと思います。(わたしは聖書の神がイスラエルに約束の地とか子孫とかを与えると約束したことをどうも不思議に思っていました、それって現世利益だからです。しかしそれは多分神が人の自己を大切にするなら、人の生活も大切にするということでしょう)。

それに無所有を教えるためなら、人がこの世界に生きる理由もないのではないかと思えます。(もともと所有というものがなければいいではありませんか)。では所有したいという、その基になるものはなんでしょう。多分、自己保存です。(ただの欲の場合もあるでしょうが、おなじようなことです)。

さて自己保存とは普通は本能とか、倒錯とか、執着のこととして言われます。ここの話では盗むことによって、自己保存が人にあることが現れました。あるいは自己保存が人のものを盗むということによって隠れていながら有る、(実際そこにはなく、ただ隠れてあるという仕方で有るのかも知れません)。

この場合の自己保存とは生活とか身体とか欲とかを満足させることでしょう。このようにしてある種の自我があることが現れます。しかしわたしは言います、本当の自己保存とは人が自己であるということです。

で、なぜ盗んではいけないのかということから教訓が得られます。たとえば、盗んではいけないということは、ただ信じれば良いというわけではない、ただ行えばよいということではない、理解しなければいけないのです。

そうでなければ人にはまだ欲があり、それを抑えるだけでは、それが無いという訳ではなく、人はまだ自己ではないだろうからです。また人の内には、良いこと悪いことの区別は始めは理由もわからないかも知れないけれど確かにそれが有るし、それを大切にすべきなのです。

もし盗むなということが良いことか悪いことか分からずにただ従うだけなら(あるいはただ従わないだけなら)それから何を学べるというのでしょう。もし聖書が総べてであれば人の生きる意味がないではないですか。

ん−と、さて、盗んではいけないということで自己保存を抑えてしまって、それで終わりにしてはいけない。つまり対象物を得ないこととして、その動機である自己保存を抑えてしまうだけではいけない。人は自己であらねばならないということです。

たしかに自己保存は悪魔の領域にあります。けれど人が自己であるということは、そのことさえ人の役に立つように作られているのです。もし悪が必要ないなら始めからなければ良いではないですか。(人が作られた始めにはなかったのでしょうが、今はあるのです。あるのですから、ただそれを避けるだけでは不十分と思います。もしそれが本当に役に立たず無いほうが良いのなら、ないはずです)。

それは自己の夢、例え話なのです。このような見方、つまり盗んではいけないということは、人よ自己であれということであるという見方は、誤っているでしょうか。もし誤っているなら神はなんのためにそう言われたのでしょう。ほんとうに人の知る必要のないこととして言われたのでしょうか。

ところで律法学者から、戒めのなかでどれが一番大切ですかと聞かれた時、イエス・キリストは「あなた自身を愛すように、あなたの隣人を愛せ」「思いをこめ心をこめ精神をこめて神を愛せ」こう言っています。

それはただなんとなく選んだのではないのです。すべての戒めの意味を知って言ったのです。おそらく十誠にはそれを守るというだけよりも、はっきりした意味があるのではないでしょうか。

ラベル:哲学 学問
posted by Ryo1151 at 19:17| Comment(0) | 学問 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。